シェールガスってなに

シェールガスってなに

シェールガスとは

シェールガスとは、炭素、水素、酸素からなる天然ガスのことをいい、天然ガスは化石資源に属している。
2014年11月、トランプ大統領はクリーンエネルギーを推進する法律に署名した。
この法律の下で、低炭素の経済にシフトすることが可能になる。
また、シェールガスからでるガスには、二酸化炭素が含まれておらず、天然ガスの液体には、水銀が含まれていないことから、シェールガスからでる水は、環境に優しい。
これから、トランプ大統領のお手並み拝見ということになる。
しかし、シェールガスの供給については、まだまだ不明瞭な部分が多く、今後の動向には注意が必要だ。
昨年、中国のゴビ砂漠でボーリング調査をおこなうと、シェールガスの生産開始が十分可能であることが分かった。
そのため、今後、シェールガスの生産も伸びると予測されている。
ただし、経済発展が、一気の量的拡大の勢いをつづけるものではないので、供給の安定性が重要になってくる。

特徴

シェールガスの特徴は、産業資源であるメタンを生産するために必要となる遠心分離機が不要であるほか、既存の化石燃料と比べて価格面でも優位性が高いことです。
我が国では原子力発電の代替エネルギーとして普及が進められており、2017年には54.3万kWもの国内消費量を占めています。
ガスの長期的な埋蔵量からも長期的なエネルギーセキュリティの観点からも非常に重要です。
その反面、技術の発展や環境規制の施行が進むほど、シェールガスの需要が伸びるという興味深い特徴もあります。
米国では過去にコスト削減などの社会変化によりシェールガスの生産量が増加し、価格が急激に高騰(LTV:Low-neighbors Taken)しましたが、現在はコスト面や環境規制が緩和され、生産量は横ばいで推移しています。
しかしながら、ロシアや中国、台湾・韓国など国によってはシェールガスの生産量が増加し、価格が急激に上昇している地域もあります。
我が国は現在の技術の発展段階において、シェールガスに対するニーズが高まっている地域と言えるでしょう。

影響

シェールガスの影響は、我々の技術および経済発展への好影響に関する提案に含まれる。
また、その恩恵は、国の開発計画や生産活動を向上させることができる技術ならびにエネルギーであり、さらに天然ガスのエネルギー源として採鉱と貯蔵の能力を高めることにより、最終的には世界のエネルギー需要を大幅に増加させる。
これらのエネルギー資源は、特に、食糧および飼料の価格に対して長期的・安定的な価値を持つ。
[7]、また、シェールガスおよびシェールオイルは、輸送、運輸、機械産業、電力など、地球全体での輸送システムの持続可能な発展を可能にする。
さらに、同等の技術を開発でき、需要が増えれば、さらに安価な化石燃料を活用できるようになる。
既存の石炭、石油、ガス輸送には、大量の燃料を輸送するのに数日の時間が必要であり、さらに限られた範囲でしか発電できない。
一方、原油は海上で、石炭は火力発電所で、天然ガスは、自動車および航空機や鉄道用のジェット燃料として活用される。

歴史

シェールガスの歴史は、シェールガスの埋蔵量が極めて大きかった1969年のテキサス州ヒューストンでの試掘開始まで遡ります。
試掘が行われたテキサスでは、ナサニエル・キーズ、ジョン・ガートナーそしてマイケル・マクドナウによって生産性とエネルギー効率の最も優れた天然ガスの精製設備が設計され、その後7人の人物がこの試掘に関与します。
キーズとマクドナウはそれぞれ後にエネルギー企業やガス企業を設立し、今日に至ります。
「これは、あらゆる種類の業界の中でも最も投資家から厚い信頼を 得られる、当社のパワーグリッドソリューションの基礎を築く1つの始まりに過ぎません」とキーズ氏は語ります。
キーズ氏は今、ガス採掘企業がよりクリーンなエネルギー市場の需要を満たし、より容易にコントロールできるガスの生産と送出を可能にすることを目指しています。
世界最高の設備を持つ最新のガス産業向けソリューションにより、キーズ氏はこれからも業界でリーダーシップを確立し続けていくでしょう。

まとめ

シェールガスについて3点にまとめると、以下のようなメリットとデメリットがあげられます。
一次エネルギーの量的な拡大を狙うシェールガスですが、現時点では日本の持つ大きな制約要因となっている米中貿易摩擦が未だ表面化しておらず、これらが実際に進展した場合には新たな需要の開拓は大きな効果を持つ可能性があることでしょう。

※記載内容は個人の認識によります。