脱炭素ってなに

脱炭素ってなに

脱炭素とは

脱炭素とは、電気自動車で燃やすエネルギーを減らすことのみならず、化石燃料の燃焼によるCO2発生を抑えていくことを含みます。
この取り組みは今後も必要です。
そして、それ以外にも環境対策は、私たちが暮らしているこれからの50年、100年の先も見据えて考えていく必要があります。
まず、考えることの選択肢から外さずに進めていきたいと思います。
その中で、社会の一員として、未来の世代にも引き続き残していけるようなサステナブルな社会の実現にもつなげていくことが必要だと考えます。
そして、環境対策と経済活動は、両立しなければいけないと信じています。
私たち、次世代にも持続可能な社会を残すために、この取り組みを通じて、世界に貢献していきたいと思っています。
是非、一緒に考えましょう。
一緒に地球を守りましょう。
これが、ゼニス社員の願いです。
わたしたちはみな、地球とともにあります。
わたしたちはみな、環境とともにあります。
どうか、真剣に考え、取り組みましょう。
世界で一番小さな企業ですが、わたしたちはみな、地球とともにあります。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
わたしたちは、企業活動を通じて、世界に貢献します。

特徴

脱炭素の特徴は、環境への持続的な悪影響を和らげることができるため、また、再生可能エネルギーのイノベーションのための次のステップとされてきている、- 例えば、気候変動の緊急経済対策のために。
解決策: ガソリンを100%再生可能エネルギーで代替することはできませんし、空気からよりクリーンな燃料を製造するのに必要な電力コストとインセンティブ。
したがって、環境に優しい燃料技術を促進することは、技術分野および経済の視点の両方から重要です。
ガソリンの代替燃料を生み出すための方法は、大きく次の3種類あります。
無鉛ガソリンの代替燃料としては、石油、ガロアムシ、ガロンおよびガロンなどのオレフィン、および再生可能エネルギー、バイオディーゼル、バイオガスがあります。
米国は再生可能燃料車の比率とCO2排出量目標を達成するための強力な触媒として、ガソリン代替燃料の要件をエスカレートさせてきました。
国は二酸化炭素排出量に影響を与えないように、ガソリンに再生可能エネルギーインセンティブを与えるために再生可能燃料車を除外しています。

影響

脱炭素の影響は、化石資源を必要とする産業が、CO2排出の減少とエネルギー消費の低減、そして、使用後のカーボン・ニュートラルなバイオマス燃料への転換によってコストとエネルギー利用効率を節約できることを指します。
多くの企業は長年にわたり、天然ガスや石油を使って自動車やモーターを発電機として使っていました。
しかし、もしこのプロセスが変われば、化石燃料の使用量は減り、エネルギー消費量は半減するでしょう。
さらに、カーボン・ニュートラルのバイオマス燃料に転換することで、化石燃料価格が下落すれば、企業の費用負担は軽くなり、新たな投資や雇用が可能になります。
もちろん、地球温暖化がより深刻化すれば、CO2排出量は過去60年で3倍以上に上昇していますが、企業の投資と雇用をめぐる問題には変わりはありません。
なぜなら、それ以前に、石油や天然ガスの採掘活動は増加しており、再生可能エネルギーの利用はさらに遅れているからです。
しかし、企業は生き残るために、石油の代わりに新しいものを活用し続けます。

歴史

脱炭素の歴史は、この環境問題の観点からすると、非常に意味のある歴史と言えそうです。
近年の傾向として、化石燃料の使用量の大幅な削減目標が打ち出されています。
そして、10年ごとに最新の技術をもって地球の平均気温の上昇を2度以内に抑制するとの目標もあります。
このような、画期的なことを科学がどのように解決していくか、これからの世界が注目されています。
これに応えるかのように、新たな環境問題を解決するナノテクノロジーに注目が集まっています。
身近なところでこの効果を活用するならば、今、注目度が高まっているヒートアイランド現象の緩和にも役立てられそうです。
ここで、注目したいのが、コンクリート上のナノ粒子です。
ヒートアイランド現象の原因として、アスファルトやコンクリート舗装の劣化・温度上昇が言われています。
ナノ粒子が舗装材に固着し、表面近くに到達すると温度の上昇が抑えられます。
そして、さらに高濃度になると表面温度を下げるといいます。
このように、人体や環境に有害とされる微粒子が高濃度になることを抑制するために、これまでに、様々な研究が行われてきました。

まとめ

脱炭素について3点にまとめると、先ず、太陽光・風力・地熱といった再生可能エネルギーの導入とエネルギーの最適化であり、第2は化石燃料からの脱却である。
第3は環境保全の徹底である。
第1の点は太陽光・風力・地熱の導入である。
日本では太陽光パネルがバブルのときより5倍~7倍のスピードで普及してきており、世界でもこれほどのブームは過去見たことがない。
このように再生可能エネルギーは高い付加価値を有する。

※記載内容は個人の認識によります。