自動運転ってなに

自動運転ってなに

自動運転とは

自動運転とは、自動運転所と一般の道路とを同じインターフェイスを使って接続することです。
これにより、交通が安全になります。
ここをクリックして自動運転の安全に関するベストプラクティスを読んでください。
または、私達のテクノロジーサポートセクションで私達に連絡してください。
喜んでお手伝いいたします。
あなたがすでに自動運転の車両に乗っているのなら、以下のヒントに従ってください。
いつでも停車できるように、車は安全な場所に駐車して、ランプを点けてください。
クルマの後部にあるセーフティライトは、ライトがついているときだけ点灯し、点灯していないときは点滅しません。
車の周りをできるだけ多くの人が通る道であなたの車を停止してください。
デバイスが自動運転車のドアの開閉を操縦することを想像することは困難です。
ドアのロックを検出し、必要に応じてドアを開けるには、ドアの周囲で動作するすべてのものと同じくらい良いものが必要です。
自動運転車には、ドライバが操作する必要のあるものが1つしかありません。
ドアを開けたままにすると、自動車との距離が離れるため、運転者は必要なときにドアを開くことができます。

特徴

自動運転の特徴は、衝突しそうになった場合、自動的に運転をストップし、そのまま安全に停止する技術とされています。
また、衝突回避する機能は付いていませんが、自動ブレーキシステムによって衝突前に回避する技術がついているため、自動運転技術自体は問題ありません。
2016年11月に日産自動車による自動運転車の開発計画が報じられた際には自動運転車の技術の名称に、「i-move(アイ・ミーブ)」がすでに使われていたことから、搭載される予定の自動運転車の内容でしょう。
実際に発売された車の中には、後方から追突されそうになったときに自動ブレーキが作動し、追突を回避している車両もでてきています。
また、高速道路に停車させようと追突してきた車に自動ブレーキが作動し、さらに自動ブレーキが作動しない(または距離が足りない)場合でも、自動ブレーキが作動する仕組みになっているとのことです。
ただし、完全自動運転技術はまだ実用化されていないため、ドライバーが運転を続けることは可能です。
この2つはすでに一般のドライバーでも操作が自由にできるため、技術の向上に期待したいですね。

影響

自動運転の影響は、駐車場も、自動車教習所にも及ぶ。
自動運転を搭載した4~7人乗りの乗用車は、いずれ大半のドライバーがいなくなる。
車いすやベビーカー用スペースがなくなる可能性がある。
教習所にも大きな影響が及ぶだろう。
こうした影響を緩和するため、国土交通省では、自動車の自動運転を想定した「無人駐車場」の作り方を検討する。
車いすの受験者のために、スロープがあるだけの狭い駐車場が課題になっているからだ。
この駐車場を作って、車の乗降に必要なスペースが確保できたら、自動運転搭載車限定の自動駐車スペースを作ればよい。
そうすれば、自動運転車が乗降中の事故を防ぐことができるかもしれない。
いまはドライバーしか自動運転車が入れないが、高齢者や初心者も受け入れられるスペースにするのが望ましい。
いずれ、教習所の中に、自動で操作ができる駐車スペースを作る時代が来るはずだ。
教習所に「無人駐車場」を作れば、ドライバーと車の完全な分離が可能になる。
これで、高齢ドライバーや初心者の運転の問題が根本的に解消できる。

歴史

自動運転の歴史は、いつって?1960年代半ばと1948年だった。
この2つは、アメリカのカウンターカルチャーが世界に広まった時代に生まれた。
「モダンリビング」の先駆けと言えるだろう。
1950年代から70年代にかけ、自動運転と人間ドライバーの関係はさまざまだった。
「運転は、自分の行動に従うことを学ぶのに良い機会だ」と、自動運転の開発の中心人物、エバンス・ベヴァリッジ氏は語っている。
一方、この2つの時代を一緒に体験した人たちの中には、自動運転に懐疑的だ、という人も多い。
だが、それが原因なのか、自動運転の技術的な特異性は目立っていない。
運転中には、ドライバーの行動や感情を理解しようとする“オートモーティブ・マインド”が働く。
だがこれは人間も同じだ。
“オートモーティブ・マインド”が、判断の理由になることはない。
自動運転中の運転手は、自律的に自動運転を続けることができる。

まとめ

自動運転について3点にまとめると、従来のマスドライバーでは、全方向に対応することは出来ない。
一方、シングルサイクル(シングルサイクルの利点)の電気自動車であれば、全方向対応型、都市型、高速道路に対応させる事が出来る。
また、電気自動車は将来のモジュール化・精密化に対応できる。
この電気自動車の3本の柱の中で、IoE(Internet of Everything)について、設計、開発、製造、納品、使用まで一貫したアプローチが必要ということが理解できる。

※記載内容は個人の認識によります。