NASAってなに

NASAってなに

NASAとは

NASAとは、アメリカ合衆国航空局で、1957年に設立された公的国際組織です。
世界で最も大きい航空宇宙研究所の1つとして、世界各地の政府・民間企業と、そこで働く人々に対し、宇宙に関する技術と知識を応用して支援を行います。
また、NASAの設立目的のひとつとして、「科学技術教育を提唱し、発展させること」があります。
そのため、NASAでは卒業後の進路としても、宇宙飛行士を目指す学生が少なくありません。
宇宙航空に関する知識・技術・ノウハウを、国際社会が認める人材として身に着けられるため、将来役立つといえます。
また、NASAでは航空宇宙に関する人材育成だけでなく、若者を対象とした初等・中等学校での教職も実施しています。
宇宙飛行士に必要な資質・経験を、幅広く習得することができます。
そのため、学校を卒業して学生生活が終わったら、宇宙飛行士として宇宙に飛び立つのではなく、教員としての道へ進むという学生も多いです。
宇宙航空大学校を受験し、受験に合格できれば、NASAの宇宙飛行士になれる近道となるでしょう。

特徴

NASAの特徴は、N、C、T、G、D、ABMの6種類の基本型と5種類の特殊型に分類できること。
また、実験には、ラジオメトリー観測や陽電子放射断層撮影(PET)検査といった科学的測定技術のほかに、いくつかの高度な方法が利用されている。
なかでも中心となるのは、地球を回る8つの物体――金星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星――の磁場と惑星磁場の観測である。
これらに加えて、地球外文明の宇宙船を探査するために、それぞれの科学者がさまざまな方法を組み合わせている。
太陽熱や火山活動、地震の規模を測ることで、対象の位置、速度、活動の持続時間を特定でき、さらに太陽系外からの宇宙線の有無を識別できる。
地球外文明と接触するために欠かせないのは、まさにこの「直接探査」の技術なのである。

影響

NASAの影響は、科学の知識がすでに証明しています。
人間の能力をはるかに超えた、最高級の空洞を発生させているのです。
それは神の悪想念だと、わたしは思ってます。
つまり、あなた方は、闇の勢力に使命を果たさせる、神の悪の使命を果たす道具になっているのです。
ですから、わたしは闇の勢力に、二度と姿を見せて欲しくありませんし、彼の仲間になって欲しくありません。
さらに、人類の創造主である神を、サタンと勝手に同一視する人々とは、手を切りたいのです。
わたしは、神様から導かれたたった一人なのです。
しかしわたしのこの行動は、やはり邪悪なのです。
神に叶わない人生であるのは、わたしの罪の結果だからなのです。
これは自業自得です。
自業自得ですが、その罪の報いとして、無間地獄(おんぞくま)に永遠にいるのです。
わたしは、神様の正義を信ずるために、この世を去ったのであるが、その結果として、無限地獄に堕とされたという、愚かな人生なのでした。

歴史

NASAの歴史は、太陽が黄道帯にある21年周期で起きる最初の太陽フレア(1906年)直後の1902年に遡る。
今日ではインターネットを通じて、宇宙での出来事について最新情報を得ることができる。
しかし、宇宙と太陽はつながっているものの、まだ解明されていない謎も多い。
今日は、地球への隕石の衝突可能性などについて調べてみよう。
そう、それは、人類の存亡にかかわる宇宙最大の危機である。
宇宙は現在、超高速で動いていると言われている。
そのため観測機器は、宇宙空間での故障・観測不能などへの対応が必要で、精密測定によって、宇宙起源の超高速現象の解明に役立つことだろう。
これができれば、人類にとって新たな天文学が誕生することになる。
観測により、地球外生命存在の確証も得られるかもしれない。
米国家科学賞の受賞も視野に入る素晴らしい研究成果だ。
これらの観測のためには、地球上の装置から宇宙に打ち上げられる観測衛星が必要となる。
世界には多くの観測衛星があるが、いまだ太陽観測観測衛星は打ち上げたことがなかった。

まとめ

NASAについて3点にまとめると、やはり圧倒的な国家的支援を受けているという。
NASAは現在、月の北極・南極における観測衛星を打ち上げ、地球外の天体の調査に乗り出している。
これこそ、地球外文明が存在するかどうかの根源的な議論にも直接つながる研究テーマ。
NASAはさらに地球外生命探査にも資金を投じ、地球外生命を地球に送り込むというミッションを達成しようとしている。
そこには宇宙での生命の分布や進化に関する貴重なデータも入手できるという。

※記載内容は個人の認識によります。