アヴェンタドールってどうなの

アヴェンタドールってどうなの

アヴェンタドールとは

アヴェンタドールとは、初代アヴェンタドール&488GTBで世界最年少のオーナーとなったジャック・ヴィルヌーヴが、全てのパーツを自分たちの手で手作りで製作したハイパーカーだ。
ボディは新品の高級スポーツカーをボディビルダーがチョップ一発でボディビル風に改造したという逸話は有名。
製造から50年以上も経った今でも世界中で多くのファンを持つアヴェンタドールのスペックと、気になる発売時期を見ていこう。
アヴェンタドールのボディが素晴らしいのは、すべてハンドメイドで作られるというところ。
フレームやサスペンション、コックピット内装などもすべて溶接し、組み上げてから磨き上げるという徹底ぶり。
それはまさに自分の手で作ったフルカスタムカーというほかないでしょう。
しかし、アヴェンタドールに搭載されたエンジンは量産型GTB450Lの3.0リッターのみ。

超進化!Amazon Fire Stickで4Kテレビを見よう!

特徴

アヴェンタドールの特徴は、なんといっても“万能”なこと。
シートアレンジも思いのまま、軽自動車に割り切りシートを追加すればワンボックスになり、キャンピングカーとしても実用的な装備も備えています。
実用性、居住性、運動性能の高さといった4つのグレードの走りを比較した結果は以下のとおり。
ぜひ参考にしてくださいね。
… 続きを見る → [全記事一覧へ] ※メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています。
エアロパーツは、走行性能やエアロダイナミクスの向上が主な目的ですが、なかにはさまざまなタイプがあり、製品によって細かな性能が異なることもあります。

影響

アヴェンタドールの影響は、あらゆる面でクルマに新たな命を吹き込むことになりそうです。
まず、リアアクスルにアルミダイキャストのダブルウィッシュボーン、フロントにリンク機構を持たないデフを組み込むことで、驚異的なトラクション性能を達成しています。
ロール速度を55kn/psにまで抑えており、コーナリング時に強烈なグリップ効果を発揮します。
そして、重量は軽くなる一方で、パフォーマンスを引き上げてくれます。
同時に、ボディの剛性も高めてくれ、アヴェンタドールに乗り慣れたドライバーであれば、その強靭さはすぐに理解できるはずです。
新型アヴェンタドールに搭載されるコンポーネントは、重量やエネルギー密度の向上を実現するだけでなく、F1マシンでも活躍するような革新的素材を採用したものとなっており、従来のカーボン構造だけでなく、マグネシウムやグラフェンといった新素材も見受けられます。
フォルクスワーゲンはこの新型アヴェンタドールで、いま一度、クルマ自体の実力を世界にアピールすることになるでしょう。

歴史

アヴェンタドールの歴史は、数ある車のバリエーションの中で、もっともスポーティなモデルとして有名でした。
そのため、当時のスポーティなドライバーたちから、所有と運転を夢見ていた人も多かったようです。
アヴェンタドールのデザインは斬新で、現代的な乗用車のようなスタイルです。
重心の低い安定したボディラインと、機能的な装備を備えたダッシュボードに、スリムなサイズのウインドウ。
大きなヘッドライトと、よりワイド感のあるボディーが特徴のエンジンルーム。

まとめ

アヴェンタドールについて3点にまとめると、こういった感じになります。
いかがでしょうか?購入前の参考になれば幸いです。
アヴェンタドールはちょっと特殊なSUVということで、デメリットももちろんあります。
そんなデメリットについても紹介していきたいと思います。
そして、今月のニューモデルの中でもアヴェンタドールと競合するであろうライバルについても比較してみたいと思います。
これから購入検討の方、実車を見に行って考える方の参考になれば幸いです。
なお、アヴェンタドールについては2018年も「2018フェラーリフェア」が開催されています。

※記載内容は個人の認識によります。