ベルーナドームってなんなの

ベルーナドームってなんなの

ベルーナドームとは

ベルーナドームとは、天窓がある総合施設です。
様々な物販店やカフェ、シアターなどが集まり、多くの人が集う人気のスポットです。
映画デートにもオススメのスポットです。
館内はバリアフリーにも対応。
車椅子の貸出も行っております。
ご家族も安心してお過ごし頂けますので、是非ご利用ください。
近鉄南大阪線 大阪阿部野橋駅より徒歩3分。
近鉄大阪阿部野橋駅は利用に便利な駅です。
駅付近には多数のホテルが点在しております。
宿泊した旅行会社が梅田駅前などに隣接しているので、買い物がしやすい点も魅力です。
ご家族やご友人との楽しい思い出作りにお役立て下さい。
当天文館ホテルでは、ご家族でのご利用におすすめのご宿泊プランを多数ご用意しております。
当ホテルの館内をごゆっくりとお楽しみ頂きながら、素敵な時間をお過ごし下さい。
駐車場無料サービス券付きの日帰りプランです。
当館より徒歩15分(車8分)、周辺の有料駐車場に駐車して下さい。
また、館内にあるドーミーイングランデ大阪まで無料で送迎しております。

超進化!Amazon Fire Stickで4Kテレビを見よう!

特徴

ベルーナドームの特徴は、超高性能プラネタリウム・メガスターの全国13箇所同時に投影するもの。
プラネタリウムを見るのは初めての子どもたちも多く、一緒に鑑賞した参加者は、「夜空の星は,目には見えないけど,きっとキレイ。
心癒されますよね」とお話していました。
また,天体望遠鏡・双眼鏡・双眼鏡スコープで星の見え方を体験するコーナーもあり、中学生・高校生たちは楽しそうに体験していました。
また、事前に投稿された映像作品鑑賞会も実施され,映像制作には高校1年生が主体的に協力するなど,新たな試みが行われていました。
新庄市天体望遠鏡プロジェクト部の渡部さんには,プロジェクトの紹介などもしていただきました。
これからの季節,星空を見ながら冬のアースディにむけて,思い出をたくさんつくってはいかがでしょうか。

影響

ベルーナドームの影響は、そういう形で出ました。
僕の周りから言っています。
これを言っていてなんですが、実は2年前、僕たちはベルーナドームに向かう電車の中にいたんですよ(笑)。
僕も、何かで挨拶できたらいいな、と思います。
言われていたとおり、今、ちゃんと夢に向かって進んでいる。
それを皆さんにお伝えできる機会になったらいいですよね。
いつも言っていることですが、ファンの皆さんはスターですからね。
皆さんが、僕らの近くにいることを願っています。
ただ、ここで1回、皆さんとのお別れをするわけじゃないですか。
何かこの2年間でも、いいことがあったんじゃないですか? 僕なら、もっといいことが起きると思います。
あまりいいことではないですが(笑)。
ただ、楽しいことを思い出すのでもいいと思います。
皆さん、おつかれさまでした。
また会いましょう、いつか。
次は僕とミッキーが会えるはずですよね? 会えるはずです。
また会いましょう。
さようなら(拍手)。
ありがとうございました! いい気分ですね! 終わりです。

歴史

ベルーナドームの歴史は、旧甲子園球場の旧建設後に、昭和59年(1984)から平成4年(1992)までの仮球場時代に遡ります。
この建設場所と歴史を理解してもらおうと、昭和60年にこの地域の地名を冠した球場が建設されました。
球場の内部空間は、コンクリートで覆う、外側に布の壁を設けるなど、現代に相応しい機能性とデザイン性を備えたコンクリートのコンサートホールとなっています。
建設以来ほぼ毎年音楽イベントを開催。

まとめ

ベルーナドームについて3点にまとめると、下記のメリットがあります。
-Better Effectively ZigBee ACE: 2018年9月28日にオープンした新Webサイト、セレンディピティ。
キーワードは「変化」と「冒険」。

※記載内容は個人の認識によります。