埼玉製作所とは

埼玉製作所とは

埼玉製作所とは

埼玉製作所とは、工場からの要請による定期修理や保守を専用機器や治具で担当する「インハウスのエンジニアリング事業」と、その設備を利用し、顧客企業の課題に対し、当社の技術者を派遣して「エンジニアリングアウトソーシング事業」を中心に、トータルエンジニアリングサービスを提供する企業グループです。
長年の経験と実績をもとに、最新の技術・製品を駆使して、最適なソリューションを提供します。
また、「総合エンジニアリングサービス事業」では、水処理、廃棄物処理、食品衛生等のライフサイエンス分野へ事業を拡大。
高品質で付加価値の高いサービスを、長期にわたって提供していくことで、お客さまの信頼を得ています。
国内外の主要なプラント関連設備の製作で培った知識と技術、ノウハウ、経験を生かし、生産設備やプラント関連設備の改修等を含めた技術力をさらに発展させ、お客さまにより大きな「価値」を提供していきます。
さらに、「エネルギー供給事業」では、地域のエネルギー事情にあった最適なプランを提案し、エネルギーの無駄遣いやコストの削減などを支援しています。

超進化!Amazon Fire Stickで4Kテレビを見よう!

特徴

埼玉製作所の特徴は、業界もシステム開発も営業も、とても多様な人材がいるということです。
入社後は自社で構築したサポート系のシステムの改修や追加・変更などをメインに担当し、徐々に慣れてきたら自社製品やインフラの選定等にも携わっていただく予定です。
やりたいことに挑戦できる文化があり、意見を発信しやすい環境でありながらも、新しい提案に対してはNOとは言わず「前向きに考える」という文化があります。
若手の頃は、様々な知識や経験をもとに自ら発想力を活かしながら仕事を進めるため、自分の成長を肌で感じることができ、よりやりがいを強く感じることができます。
大手自動車会社グループの一員でもあり、グループ全体での新規事業の導入、全社での電子決済システム導入など、時代の最先端を走っています。
世界各地の拠点と密に連携をし、連携したサービスや製品を開発している体制は強みですが、それは大規模で人員も多すぎるということではなく、きめ細やかにユーザーのニーズを汲み取り、一人ひとりの判断や行動でよりよいサービスをつくり出そうとしているからです。

影響

埼玉製作所の影響は、アザーズにも大きい。
チームはこの日、開始早々から先手を取る。
しかも、序盤は相手にボールを持たせ、その後は激しくプレッシャーをかける展開がしばらく続いた。
特に、積極的に攻撃に参加するアザズの攻撃は、見ているものの鼓舞された。
そして、前半27分。
柳田悠稀のサイドからのセンタリングに、丹羽大輝がボレーで合わせて先制に成功した。
このゴールはアシストだけで、柳田が走り込んだかまでははっきりしなかった。
丹羽は「ゴールは自分ではない。
やっぱり途中に出てきて追いついた。
前に行くしかないと思った」と冷静に振り返る。
丹羽は、この後も右サイドからたびたび決定的なチャンスメイクを行い、アザズの勢いを後押しした。
一方、後半から入った仙台の安部裕葵や、途中から入った札幌の福森晃斗にも、随所にチャンスを作り出した。
さらに、武藤雄樹の惜しいシュートもあり、アザズを押し込む時間もあった。

歴史

埼玉製作所の歴史は、NASAのスペースシャトルで初めて衛星軌道に上がったナサニエルロケットから始まります。
このロケットによって、最先端技術を持つ日本の電子機器メーカーの数々を宇宙空間に送り出しただけではなく、美しい地球とその生態系を守ってきました。
以来、ナサニエルロケットによって送り出された機器や人工衛星は、今も地球を、そして人々を支え続けています。

まとめ

埼玉製作所について3点にまとめると、下記となります。
●新卒採用を行っている会社●人事評価制度がしっかりしている●生産性、サービス力(外部研修)…等、就活生が知りたい情報を、客観的に評価してくれる会社。
また、実際に従業員の方が弊社にお越しいただき、職場の雰囲気もわかります。
(会社説明・選考説明会も同時に行っておりますので、是非説明会にご参加下さい) 【エントリーシ… 詳しくはこちら。
】 ※ 詳しく話を聞きたい、職場を見学したいという方もお気軽にご連絡ください。

※記載内容は個人の認識によります。