新型コロナウイルス感染拡大ってどうなの

新型コロナウイルス感染拡大ってどうなの

新型コロナウイルス感染拡大とは

新型コロナウイルス感染拡大とは、生物、人類への重大な脅威が目の前にありますが、それのみならず、地球や私たち人類、そして大地を支える海や山など、自然界をも崩壊させてしまうものではないでしょうか。
人間とは一体何なのかという本質的な問いが迫られます。
もはや、世界にとって「分断」や「破壊」ではなく、それぞれが「つながり」「新しい空間」を創造する「共創」の世界が求められる時代を迎えていると考えます。
医療関係者、行政関係者、経済関係者など、すべての人の英知を結集して、コロナウイルス感染症対策にあたる時だと考えます。
私たちはその英知をもって、みんなでこの危機を乗り越えましょう。
もうこの、新型コロナウイルスにたじろぐ必要はありません。
新型コロナウイルス感染症に感染したことが分かった時には、必要な医療が迅速・確実に行われるよう、自治体などとともに体制の整備を進める必要があります。
また、それだけではなく、新しい社会システムの創出に向けた構想と実践に取り組む必要があります。
世界中の人々の理解と共感のもとに、その流れを加速させていきましょう。

超進化!Amazon Fire Stickで4Kテレビを見よう!

特徴

新型コロナウイルス感染拡大の特徴は、都市部から大挙して人びとが流入し、また都市部以外の地域では感染者数が拡大しているという点にあります。
特に、都市部から人びとが流入する経路として、湖北省内の武漢から湖北省以外の各都市の感染者の移動、南シナ海の無人地帯の感染爆発、そして中国国境を接するベトナム・フィリピン・タイ・カンボジアなどからの感染者の流入が挙げられます。
その中でも、4月7日に湖北省武漢市で発生した“新たな症例(COVID-19)”は「中国史上最悪の致死的症例」という評価を国際的に得、今後の新型コロナウイルスの制圧に向けた世界的大波乱の要素となっています。
現在、日本の新型コロナウイルスの感染者数は感染者の1日あたりの感染率が約8%(※3)と世界標準より低いことを考慮しても、仮に封鎖や都市封鎖による致死率の低下があったとしても、さらなる都市封鎖はウイルス感染拡大をむしろ加速させる恐れがあります。

影響

新型コロナウイルス感染拡大の影響は、長期化する可能性がある。
世界的に食料、エネルギーの需給がひっ迫しており、商品市況への上昇圧力は強まる見通しだ。
7月以降、米国で新型コロナウイルスをめぐるパンデミック(世界的流行)が再燃するとの懸念が再燃した。
これまでは中国を中心に過剰生産や供給不足懸念が先行していたが、供給管理が機能する米国経済は低調ではあるものの崩壊を免れている。
中国や欧州各国の政府も対策を打ち出したが、目下の所、経済的影響に制約を受けやすい。
また、日本の家計や中小企業で借り手側の負担が大きくなることも見込まれる。
消費や設備投資などを中心に景気の押し下げ圧力が強まる可能性がある。
足元では、米財政赤字の拡大や米国債利回りの低下も米景気の先行き不透明感を高める。

歴史

新型コロナウイルス感染拡大の歴史は、コロナ危機に怯えて多くの人々が仕事や生活をストップさせられ、大企業による下請けいじめに苦しめられ、派遣や期間労働者など非正規労働者や自営業者の経営を脅かす要因となり、さらに生活保障への不安を蔓延させました。
新型コロナウイルス対策が個人補償まで視野に入れた本格的な対策へと転換し、政府の施策、企業の対応次第では、多くの市民生活へ打撃を与える事になります。

まとめ

新型コロナウイルス感染拡大について3点にまとめると、重症者や死亡者のPCR検査の基準をより厳格にする一方でPCR検査数を増加させる。
軽症者をホテルなどで治療し、重症者には集中治療室などを準備する。
PCR検査を実施した場合、医療施設が不足するため医療スタッフを増員する。
こうした対策を行うものの、未だ収束の兆しは見えない。

※記載内容は個人の認識によります。