鈴鹿製作所ってなんですか

鈴鹿製作所ってなんですか

鈴鹿製作所とは

鈴鹿製作所とは、株式会社である鈴鹿製作所の分工場として、マイクロシステムセンター、二輪車先端技術開発センター、二輪車アフターサービスセンター、二輪車電気システムセンター、二輪車システム技術開発センター、二輪車新技術開発センターの7つの施設と、自動車部品メーカーのカワサキカンパニーリミテッドや二輪車の完成車メーカー、NISMO、ヤマハ株式会社などの関連企業からなるもの。
実験的な取り組みとして、オフロードバイク製造技術の研究やエンジンの分解技術の研究も進められている。
こうした開発拠点の研究員の居住スペースは50名の生活空間として設計されており、ほぼ全室専用のキッチンやシャワー室などの快適設備を備える部屋となっており、廊下や共有スペースも快適な空間となっている。
また、外部の専門家を招いたセミナーや勉強会、宿泊体験型イベントなどさまざまなイベントも行われているので、興味があればぜひ問い合わせてほしい。
研究室にこもらず、そこで生まれたアイデアをアイデアソンやビジネスプランコンテストの場で披露するのもいいかもしれない。

超進化!Amazon Fire Stickで4Kテレビを見よう!

特徴

鈴鹿製作所の特徴は、労働環境の向上を掲げていることです。
この他にも業界でいち早く「生涯現役」が社員の健康の重視につながると捉え、研究と実験をし、社員がいつまでも元気で働くことができるようにと会社を上げて環境づくりに励んでいます。
シニアの雇用機会を拡大し、仕事をしやすい環境を整え、意欲ある若手も定着できるように育て上げ、誰もが50代、60代になっても、元気で活躍できる会社を目指しています。
このような環境づくりを実現させるために、企業理念として、常に仕事の環境、会社の環境を良くするために「考えて、工夫して、実行する」ことを宣言しています。
さらに、コミュニケーションを大切にする会社として、ノー残業デーの取り組みはもとより、職域ごとに会議を開催し、職長と係長間での積極的なコミュニケーションを図り、それぞれが業務に責任をもち、会社全体の力になるように努めています。
工場などの職場では、業務の効率化を図り、なおかつ社員全員が働きやすく、働きがいのある環境づくりを目指して、従業員のワークライフバランスの確立に取り組み、工場全体の品質を高めることにつながる活動を展開しています。

影響

鈴鹿製作所の影響は、大きな柱の一つであることも事実。
「風流夢を語る」は、クルマ好きにはたまらない雑誌。
「カーグラフィック」、「AUTOMOBILE」は、クルマのことだけではなく、クルマ以外のことも載っている、この2誌の発売が1カ月遅ければ、ボクの月刊モデルグラフィックス編集部勤務は、なかったかもしれない。
これは、ひとつの奇跡だ。
おかげで、月刊「パーツブリッジ」は今現在、発売に向けて走り続けている。
さらに、クルマのことを教えてくれた友人たちに感謝。
「ザ・ガベージ(も)コレクション」第1回目が、「鈴鹿サーキットファンマガジン」であることは、このブログでも書いた。
今年3月号で最終回ということだったが、ボクの書斎から消えたパーツブリッジのバックナンバーは、その後、ちゃんと送られてきた。
自分の雑誌1冊を失っただけで、鈴鹿製作所の経営は終わらず、今月号で無事復活を果たしたが、かなりガマンを強いられた。

歴史

鈴鹿製作所の歴史は、まず同社の中部地区の軽水炉建設の経験から始まった。
これは、1966年11月、日本で始めてとなる高濃縮ウランの臨界実験を成功させる目的で行ったもので、米国ウエスチングハウスの協力で運転や核燃料の加工、溶接、建設などをすべて日本国内で行ったものであった。
この成功は後年の核燃料サイクルの礎となった。
同社の軽水炉事業は、こうした蓄積の上に1972年に始まる予定だった。

まとめ

鈴鹿製作所について3点にまとめると、ホンダは二輪の4輪車メーカ−の中でも、特に開発に投資をし、あるいはモデルをラインナップしているということがいえる。
また、最近の鈴鹿はホンダ・F1開催などで、さらに知名度を上げている。
マツダは二輪車でも商品力が非常に優れており、マーケティングにも力を入れている。
それぞれのメーカーの製品開発力が際立っている。
欧米のメーカーも頑張っている。
日本のメーカーは、やはり技術・製品面で優位になっている。

※記載内容は個人の認識によります。