減産影響ってなんですか

減産影響ってなんですか

減産影響とは

減産影響とは、世界の非居住者部門の平均成長率が、2012年の5.7%から2015年には4.8%まで落ち込む見込みであることが、米国統計庁のJackson Refererにて明らかになっています。
具体的にどんな影響が出るかというのは、後述しますが、このJackson Refererは世界からの指標をまとめているサイトですので、現在アメリカ以外の企業の発表するデータも軒並み低下しています。
中国やブラジルといった国の経済の発展が、アメリカなどの国の影響を減らすことは容易に想像できます。
こうした国々が、アメリカ経済の減速の影響が短期で終わるのか、長期的に続いてしまうのかは別として、その打撃を受けてしまいそうなわけです。
米国の税制は「富の再分配」で非常に公平公正な仕組みと言われています。
そうしたことがアメリカ企業の成長にプラスに働いている一面もあるのですが、それが反転する原因にはもってこいなのかもしれません。
米国には、法人税率は日本の約22%と比較すると約40%の低さです。
さらに、所得税の最高税率は40%。

超進化!Amazon Fire Stickで4Kテレビを見よう!

特徴

減産影響の特徴は、生産コストの上昇に対して、第1四半期後半から第2四半期にかけて生産調整の積み戻しが進み、3月、4月と再び生産数量が増加することが確認されるということです。
このため、景気の基調は、企業業績の改善や株価の上昇等によって、下支えされ、景気拡大が続くのではないかと見込まれています。
実際、3月、4月の出荷状況や在庫については、第1四半期後半は、在庫積み増しの動きがありましたが、増加は若干緩やかとなっており、4月、5月になって在庫は減少しています。
生産面では、企業現場が在庫を取り崩して第3四半期、第4四半期と生産調整を進めていく構図は、4月中旬以降も続くことが想定されます。
4月は、輸出が第1四半期全体の30.4%増から28.8%増に減少した一方、中国向けは13.0%増へと拡大しました。

影響

減産影響の影響は、米国先物市場で、石油製品期近が急落したほか、非鉄金属やゴムでも指数が下落。
また、航空機株でも、ボーイング、ユナイテッド・テクノロジーズなど、今年第1四半期まで相場の下げ要因になっていた銘柄の売りが目立ち、航空株全体が軟調な展開となった。
もっとも、一時期の売り癖から、年末接近で利益を確定する動きが中心で、影響は限定的だった。
日本市場では、寄り付きの現物価格が前日終値を挟んだ水準で売買が交錯し、序盤は小動き。
原油相場の急落を受け、後場になるとジリ高商状となった。
個別銘柄では、下げていた光通信の買い戻しなどで、ソニーの上げが目立った。
個別では、三菱商株が急伸、キヤノンも買われた。
その他、日本郵政株では、TOPIX組入れの不動産株の買いが目立った。

歴史

減産影響の歴史は、米国がどれだけ資本蓄積したかを表している。
これを考えるには、1990年以降の米国資本蓄積量とそのGDPを資本指標を使って見るのが便利である。
大雑把に言えば、金融資本家(銀行・保険・証券)は1590億ドルを蓄積し、自らは1492億ドルの資本余剰に転じている。
金融資本家は世界最大であるが、これが生産と投資では少なすぎる。
しかしこの表にはない。

まとめ

減産影響について3点にまとめると、まず、各社の業績について、一部主力企業で減産を見込むものの、全般的に堅調な生産運営が続き、全体では需給ひっ迫の緩和が想定される。
また、最終需要の堅調を反映して、石油需給のひっ迫期には減少していた原油在庫が積み上がり、これも減産を後押しする。

※記載内容は個人の認識によります。