ランボルギーニってどう

ランボルギーニってどう

ランボルギーニとは

ランボルギーニとは、いわゆるスーパーカーの代名詞といえる自動車メーカー。
社名は、創業者であるガヤルド・ウーゴ・ランボルギーニ氏から来ています。
主に、スポーツカーやSUV、大型リムジンなどを販売。
また、ミラージュやアヴェンタドールといったスーパーカーも販売しています。
それでは、ランボルギーニの特徴と、評価を見ていきましょう。
ランボルギーニのスポーツカーには、ラグジュアリー感がありながらもスピードが際立つようなイメージを持っており、独特のデザイン性があります。
ボディが小さく、スポーティなフォルムであるため、大パワーの高回転・高回転が続くエンジンと相まって、猛スピードで蛇行します。
他のブランドには見られないデザインの魅力や、走行性能から、多くのファンが世界中に存在します。
また、ランボルギーニは、豊富なパーツを用いたエクステリアも魅力の一つで、これを購入するのはセレブが多いです。

超進化!Amazon Fire Stickで4Kテレビを見よう!

特徴

ランボルギーニの特徴は、なんと言ってもそのボディ形状でしょう。
いわゆる直線ではない、カーブを描いているため、一度、そのボディ形状を目にしたら忘れられないという方もいらっしゃると思います。
また、同じフォルムなのに、いろいろな種類のボディーカラーが存在し、好みに応じてボディカラーを選べるという点も、ランボルギーニファンの多い理由の一つでしょう。
ボディカラーの他にも、ブランドロゴの入ったトランクに、サイドシルエットが独特のバンパー、ドライバーと助手席のドアについたカーボンフェンダーなど、個性的で見ているだけでも楽しい「ランボルギーニ・デザイン」と称されるボディー形状が、車好きならずとも、その車が好きになってしまう一番のポイントだと考える方が多いようです。
また、多くのブランドが揃うSUVも、外車でSUVといえばランボルギーニという地位を確立しています。

影響

ランボルギーニの影響は、現代日本への大きな影響力のひとつだと言えます。
特にその大きな力になったのは、石原慎太郎の強力な支援でしょう。
そして、さらに影響力を持っているのはBMWです。
高級車ブランドでは、世界最高峰を自認している高級車のブランドです。
高級車メーカーであり、高級ブランドとして、常に最新のデザインにこだわっています。
このデザインが最高級の車づくりを常に目指しているという姿勢がとても好感が持てます。
そしてフォルクスワーゲンである。
ルックスは抜群で、スポーティなラインでもてる車は最高にカッコイイものです。
アルファロメオ・ジュリエッタ、フィアット・オープン、フィアットパンダ、三菱・アウトランダーがこれにあたります。
特に三菱は、デザインのセンスが抜群であり、まさにスポーツカーを彷彿とさせるデザインばかりです。
このフォルクスワーゲン・ビートルのデザインは、まさにビートルの伝統的なデザインを引き継ぎ、エアロパーツを装着しており、サーキットで活躍するようなことを想定してつくられている一台だといえます。

歴史

ランボルギーニの歴史は、アヴェンタドールSVの名で登場した2代目のクーペが、次のステップへの長い階段を上ったことに端を発している。
ここから先、歴代のウラカンは、そのモデルチェンジによって多くの「顔」を変えてきた。

まとめ

ランボルギーニについて3点にまとめると、その特徴は硬く肉厚なフロントマスク、角ばったボンネット、鋼のようなスポーティな室内、そして驚くべきスピード性能にある、とのこと。
ただ単にカッコいいだけでなく、「コーナリング性能」「パワー」、そして「しなやかな操縦性」、さらに「安全性」や「ラグジュアリー」を車の本質に据えてデザインされており、唯一無二のインパクトを持つ車である、と指摘されています。

※記載内容は個人の認識によります。