埼玉西武ライオンズってなに

埼玉西武ライオンズってなに

埼玉西武ライオンズとは

埼玉西武ライオンズとは、昭和29年に初代監督が当時関東8球団を制覇していた西鉄ライオンズのエースであった稲尾和久投手(昭和30年1月16日生まれ)を起用したことから始まった。
当初、ユニフォームは膝までの長さで、ひざ上で交差させることで白線に見立てていた。
次いで昭和34年にユニフォーム右半分が逆斜に折り返されるようになった。
一方、西鉄時代は袖が長く長袖であった。
稲尾監督就任後、西鉄はリーグ3連覇中の頃だった。
また、昭和37年から天皇杯全日本サッカー選手権大会に名称変更した。
この大会の前身は「天皇杯全日本サッカー選手権大会」である。
それから平成2年まで「アジアクラブ選手権」、「明治天皇杯全日本サッカー選手権大会」などと名称を変えながら開催された。
現在は年間優勝を争う大会であり、創設50周年を記念して、平成4年から特別試合に「Jリーグ選抜VSアジアクラブ選手権」として開催されている。
その試合会場には福岡市の博多の森陸上競技場が使われる。
第1回戦は福岡市内で行われる。

超進化!Amazon Fire Stickで4Kテレビを見よう!

特徴

埼玉西武ライオンズの特徴は、真中を攻めあぐねる間に3人の走者を出したことですね。
それがなかったら負ける試合ではなかったと思います。
ですから、なんとか今日の敗戦を次に活かせるように準備しておきたいと思います。
ライオンズというのはピッチャーをうまく使えばいいピッチャーも何人かいます。
今後、大事な試合では吉田正尚(キャ3)は使いたいですね。
今日の試合も吉田のピッチングがすごくよかったと思います。
吉田の他にも今日は4投手が好投しました。
チームとして形として結果が残せたのかなと思います。
少しピッチャー頼みになってしまっているところもありましたが、外野からのリードで抑えられた部分もありました。
今日はレフト金子凌也が逆方向に打てるようになったのがいい結果に結びつきました。
まだ、点が取れる場面がありましたし、昨日の試合のようなもったいない場面もありましたので、そこは修正しなければならないと思います。
明日はまず、西武ドームに立っているイーグルスに対し、しっかり勝てるように。
今日の試合を見ても(ライオンズにとっては)かなりのチャンスはあると思います。

影響

埼玉西武ライオンズの影響は、県内でも予想以上に顕著で、おわかりの通り、試合後の試合で打ったランナーを赤絨毯の上を疾走させたこともあったそうで、街の人の反応も好意的だったし、スタジアムに来なかったファンまでもが「西武の応援を見て以来」と言ってわざわざ西武の応援歌を口ずさんでいるそうです。
たしかにすごいチーム・選手だったんですね(失礼)。
球団として日本一に輝いてこそ、日本一クラブという評価が定まるというもの。
CSに進出できない状態が続いていますが、いつの日か西武ライオンズが日本一に輝く日が来ることを願ってやみません。
ライオンズ、がんばれ。
応援してます。
画像は、マリナーズ対アスレチックス戦が行われたマリナーズの本拠地、エンジェルス・パークから見たエンジェルス・パーク。
シーズン中は広大な駐車場の何カ所かに「ジャイアンツ・タトゥーイーン」と書いたマーカーを目印に駐車券を発行してくれるところがあります。

歴史

埼玉西武ライオンズの歴史は、中村政信、中村紀洋や谷佳知といった野武士達が大挙して現われた1975年に幕を開けます。
日本シリーズは中日から12連勝という上々のスタートだったものの、中日もセ・リーグの覇者として他4球団(大洋ホエールズ、阪神、南海ホークス、広島カープ)を2年連続で撃破するなど、チームとしての絶対力がそれを上回る形でした。

まとめ

埼玉西武ライオンズについて3点にまとめると、以下の通りです。
・外国人枠の問題。
・高卒1年目、高卒2年目の野手育成。
この2点をまとめてお話します。
まず外国人枠については、あくまでも私が知る限りですが、現状投手に関しては外国人が多いですね。
内野手や外野手に関しては投手より少なく、これはおそらく捕手の獲得により一塁手は一塁手でも野手の方がレベルが高く、外国人の枠が割けることを懸念しているのではないかと思います。

※記載内容は個人の認識によります。